矯正治療

Orthodontic矯正治療

矯正治療の対象となる歯並び

矯正治療の対象となる歯並びの乱れは、いくつかに分類することができます。

  • 上顎前突(出っ歯)

    上顎前突
    (出っ歯)

    上の前歯や顎が前方に飛び出している歯並びです。前歯で噛みにくいだけでなく、特徴的な顔貌を呈します。一般的には「出っ歯」と呼ばれています。

  • 下顎前突(受け口)

    下顎前突
    (受け口)

    下の前歯や顎が前方へ飛び出している歯並びです。顎が「しゃくれている」と表現される歯並びで、一般的には「受け口」と呼ばれています。

  • 叢生(乱ぐい歯)

    叢生
    (乱ぐい歯)

    叢生(そうせい)とは、歯がそれぞれ別々の方向を向いている歯並びで、一般的には乱ぐい歯と呼ばれています。歯磨きしにくいため、むし歯や歯周病のリスクが高いです。

  • 空隙歯列(すきっ歯)

    空隙歯列
    (すきっ歯)

    歯と歯の間にすき間がある歯並びです。食べ物が詰まりやすく、発音に障害が現れることもあります。上の前歯にすき間があると、審美性も害されます。

  • 開咬

    開咬

    開咬(かいこう)とは、上下の歯列間にすき間がある歯並びです。口呼吸の原因になったり、前歯で食べ物を噛み切ることが難しかったりするなど、弊害も大きいです。

  • 過蓋咬合

    過蓋咬合

    過蓋咬合(かがいこうごう)とは、かみ合わせが深い歯並びです。深く噛み合うことで歯が摩耗したり、歯茎を傷めたりします。

矯正治療の目的

見た目を美しくする

矯正治療の主な目的は、「審美性の向上」と「噛み合わせの改善」です。矯正歯科を訪れる患者さまの多くは、見た目の悪さを主訴として、歯列矯正を希望されます。実際、ワイヤー矯正やマウスピース矯正を実施することで、乱れた歯並びが整い、長年のコンプレックスを解消することができます。

見た目を美しくする

ただし、審美性の回復だけを目的とする治療は、あまりおすすめできません。なぜなら、歯が持つ本来の機能は「そしゃく」だからです。

そしゃく機能を回復する

そしゃく機能を回復する

矯正治療の対象となる歯並びには、たくさんの種類がありますが、いずれも食べ物を噛む機能を阻害しています。見た目が悪いということは、機能性にも異常が生じているのです。そこで当院では、単に見た目を美しくするだけでなく、そしゃく機能も回復させるような矯正治療を実施しております。治療後には、よく噛めて美しい、健康的な歯並びを手に入れることができますよ。

矯正治療の種類

当院の矯正歯科では、ワイヤー矯正とマウスピース矯正に対応しております。

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正とは、ブラケットと矯正用ワイヤーを用いて歯並びを整える方法です。いずれも金属製であり、歯を効率良く移動させることができます。

ワイヤー矯正の特徴

ワイヤー矯正の特徴

  • ほとんどの歯並びに適応できる
  • 固定式なので取り外す必要がない
  • 矯正力を細かく調整できる
  • 歯を移動させる速度が比較的速い
マウスピース矯正

マウスピース矯正とは、文字通り「マウスピース」を用いた矯正治療です。透明な樹脂製のマウスピースは、目立たず、装着感も良いです。

マウスピース矯正の特徴

マウスピース矯正の特徴

  • 装置が目立ちにくい
  • 食事や歯磨きの際に取り外せる
  • お手入れしやすい
  • 違和感、異物感が少ない

当院で扱うマウスピース矯正は世界で一番使用され、安全性が確立している米国アライン・テクノロジー社のインビザラインを使用しております。また当院の院長はインビザライン認定医です。
安心して治療を受けて頂けます。

臨床ケース